full screen background image

ディアスタ クラブ

ディアスタの舞台裏

  • 「収納」のカタチを提案する家。

    『ディアスタコート橋本』収納レポート

    「こんな家に住みたい!」すっきり片付いたモデルハウスを見て、そう感じる方は少なくないでしょう。でも実際に暮らしてみると、生活に必要なアイテムは想像以上に多いもの。そんな、暮らすほどに増えていく「モノ」をきちんとしまえて、より広く快適な居住空間が実現できる家づくりを私たちは目指しています。今回は、この春神奈川県相模原市に誕生した「ディアスタコート橋本」で、ひと味違うディアスタの「収納」をレポートしました。

  • 屋根裏の空間を、最大限に有効活用。

    まるで子供部屋?とも思えるような広い収納スペースは、2階の屋根裏を活用した「小屋裏収納」です。一般的に「ロフト」と呼ばれるこの空間は、ひな飾りやクリスマスツリーのように1シーズンだけ使用する物や季節家電、また、大きくかさばる物やなかなか捨てることのできない思い出の品などをしまっておくのに最適な収納スペース。ディアスタコートでは、この「ロフト」へ固定階段でアクセスできるようにすることで、さらにその利用価値と使い勝手を高めています。

    2階の屋根裏を活用した「小屋裏収納(ロフト)」に対して、1階の屋根裏を活用した収納スペースが「下屋裏収納」。ディアスタコートでは、無駄になりがちな小さな空間にも手間を惜しまず、有効的な収納を設置しています。

    ※上記は全ての物件に導入しているものではありません。

  • あったらいいな、の声に応えて。

    しまい込むと不便な日用品が多く、ついつい散らかりがちなリビングダイニング。そんな使用頻度の高いモノを片付けるのに最適な「壁面収納」を、ディアスタコートではリビングダイニングに設置しました。奥行きが浅く、中身が一目で見渡せる「壁面収納」は、書籍類や細々したモノの収納にピッタリ。キッチンにも近いので、食品、食器、料理本などの収納にも重宝します。

    奥行きが浅「壁面収納とは逆に、奥行きが深「押入れも、あると便利な収納の一つです。根強い人気のこ「押入れを、ディアスタコートは和室に採用。また、寝室には「ウォークインクローゼットを設置しました。衣類はもちろん、バックや小物類も収納できるので、手持ちのアイテムがすぐにわかり、コーディネートにも便利です。

    ※上記は全ての物件に導入しているものではありません。

  • しまいたいモノを、しまいたい場所に。

    玄関は家族だけでなく、お客様も迎える大切な空間。いつも綺麗にしておきたい場所ですが、屋外と屋内の間に位置するため、さまざまなモノで溢れてしまいます。そこでディアスタコートでは、「下足入れ」とは別に「エントランスクローク」を設置。靴や傘だけでなく、ベビーカーやゴルフバックなどのかさばるモノも収納でき、コートや上着などをかけておくこともできます。

    それでも足りないご家庭に好評なの「大型パントリー」。勝手口に続く通路に、何でも置ける可動棚とハンガーパイプを設置しました。また、屋内に持ち込みたくないガーデニング用品やアウトドア用品の収納に「外部物入れが便利。屋外の勝手口脇からアクセスできるので「物置き」や「トランクルームのような用途で使えます。

    ※上記は全ての物件に導入しているものではありません。

  • 毎日使う場所だから、便利に心地よく。

    綺麗に片付いた清潔感のある水廻りを演出できるように、ディアスタコートでは水廻りの収納にもこだわっています。洗面所には、日用品や小物類がたっぷり収納できる「鏡裏収納」が付いた洗面化粧台を採用。さらに、タオルなどの収納に適した「リネン庫」も設置しました。また、洗濯機上のスペースやトイレには「吊戸棚」を設け、洗剤やストック類などの置き場所にも配慮。必要な収納が、必要な場所に、きちんと設置されています。

    キッチン下の「スライド収納」も大容量。巾木部分まで、余すところなく収納スペースになっています。引き出し式で、奥にしまってあるモノの出し入れがしやすく、ゆっくり閉まるソフトクローズ機能が付いているので、食器類を収納することも可能です。

    ※上記は全ての物件に導入しているものではありません。

  • きちんとしまえる家づくり/物件担当者に聞きました。

    「ディアスタコート橋本」では、平均収納率20%超の十分な収納スペースを確保するとともに、用途に合わせた収納を適材適所に配置することも心掛けました。
    すっきりと片付いた快適な居住空間を維持していただくために、効率的に整理整頓できる使い勝手の良い収納のカタチを、これからも提案して参ります。

    住む人のためにつくる、ということ。

    私たちは、永く快適に暮らせる住まいを
    提供していきます。

    ▶「ディアスタの舞台裏」一覧へ