full screen background image

ディアスタ クラブ

  • 暮らしのヒントをシネマから Vol.43 『脳内ポイズンベリー』 スタンダート・エディション(DVD1枚組)

  • 脳内ポイズンベリー スタンダート・エディション(DVD1枚組)

    発売日:発売中
    発売元:フジテレビジョン
    販売元:東宝
    価格:3,800円+税
    (C)水城せとな/集英社
    (C)2015フジテレビジョン 集英社 東宝

    ■STAFF & CAST
    • 監督:佐藤祐市
    • 出演:真木よう子/西島秀俊/古川雄輝/成河/吉田 羊/桜田ひより/神木隆之介/浅野和之 他
    ■あらすじ

    櫻井いちこ(真木よう子)は30才。会社を辞め、携帯小説を書いて生計を立てている。しかし、特に小説家になりたいわけでもなく、ただ平凡な日々を過ごしていた。ある日、飲み会で出会い、気になっていた年下男子・早乙女(古川雄輝)に偶然、再会する。パニック状態の彼女の脳内では、「理性」「ポジティブ」「ネガティブ」「衝動」「記憶」という5つの思考が、声を掛けるか否かで会議を始めるのだった。激論の末、勇気を出して早乙女に話し掛けることにしたいちこ。2人でご飯を食べに行き、紆余曲折を経て付き合うことになったのだが、早乙女との度重なる誤解やすれ違い、さらには担当編集者・越智(成河)からのアプローチを受け、彼女の“脳内会議”は大紛糾。自分にとっての“幸せ”って、一体何? 悩み迷ういちこが出した結論とは…。

  • 部屋の中は、心の中と同様に…

    “アラサー”特有の将来の不安を抱える主人公・櫻井いちこが住んでいるのは、どこかヨーロッパの雰囲気を漂わせながらも、日本の四季の変化になじむ、ほっこりと落ち着く空間です。温かみのある木の床と、余裕のある間取り、レトロにデザインされた窓。また、壁やドアは味のあるブルーグレーやモスグリーンでダメージ加工を施したように塗り替えられており、ドアのガラス一つ取っても一枚一枚違っていて個性的です。
    海をイメージしたソファや壁の絵はどことなく冷たい雰囲気で、落ち込む彼女の心の中のよう。一方、カーテンやランプ、小物にはピンクやイエローグリーンなど優しい色がアクセントとして使われています。
    最寄り駅は神奈川県・川崎市の元住吉。早乙女がプレゼントとして手作りの魚のオブジェを持ち訪ねて来た時には、彼もオブジェも自然となじむ、ブルーベースの海のようなリビングでした。
    しかし、部屋の中に彼の私物が増えていく中、徐々に暖色系の物や鮮やかな色の花瓶などが置かれるように。心境の変化がインテリアにも表れているいちこの部屋。時に幼さの残る彼とのけんかが絶えない日々では、部屋の中もすさんでいきます。そんな自分と決別するため、いちこはある決断をするのですが…。
    部屋の中を見れば、その人の心の内が見えるかもしれません。時には自分の部屋を見渡し、じっくり自分の心と向き合ってみるのもよいでしょう。

    ▶「暮らしのヒントをシネマから」一覧へ